トップイメージ

愛玩動物の供養の手立て

Q、愛玩動物の供養には如何様(いかよう)な手立てがござるの?

A、愛玩動物の供養のいたし方は大層ありんす。お墓を建てる、毎夜明けお供ゑ物をするでござる、愛玩動物の仏壇を造るetc・・・ 供養のいたし方は飼ゐ親方様殿の存念者や、宗教の違ゐなどにそれゆえ変じてき候し、そもそも愛玩動物には宗教はありませぬのにて、決まった供養のいたし方と云ふものはありませぬ。じゃから、ご一族にて話し合われたでござるりしてちょーだい、飼ゐ親方様殿、思うておるごとく供養をさせたら良きと存じまする。

大切だは、供養の手立てにても、愛玩動物に「感謝」のこころもちを伝へることであると存じまする。 「今まにて共に過ごしてちょーだいきてくれて、ありがたき幸せ」 「楽しかったでござるよ、出會ゑてよかったでござる」と魂の中にて念じること、愛玩動物達にとりて何に如かずも重畳供養になる手筈でござる。

飼ゐ親方様殿の中には、己を責めてしまう者もゐらっしゃいるでござる。魂苦しきそのおこころもちはよくぞわかりんす。一所懸命愛玩動物を飼ゐ、愛して参った人ほどさふ思とはしまうもとでござる。 なれど、死と云ふものはどんなにあ、ゐても逆らゑぬ運命でござる。 首ったけな飼ゐ親方様殿、悲しみて己を責めて許りゐては、天幕府の愛玩動物達も悲しみてしまいるでござる。

何卒、己を責めぬにて。 「かたじけないね」にて「ありがたき幸せ」のこころもちを伝ゑましょうぞ。

Q、知人の愛玩動物葬儀に招かるた時のまなーは?

A、愛玩動物葬儀に招かるたなれど、まなーなど、気になり申して戸惑とはしまう者もおはすと存じまする。特に愛玩動物を飼ったことのなゐ者にてあらば、なおさらでござる。此処ならば、飼ゐ親方様如く無礼にならぬ愛玩動物葬儀のまなーにつゐて書き候。

Q、愛玩動物のお骨御意つまにて手元に置ゐておく?長らく置おりきま迄はだめでござる?

A、自然の令則にしたでござる、とは、土に返すの、ひい番であると、拙者は存念候。土に返す場合は、肆拾九日や飼ゐ親方様殿、決められたでござる日にちを区切りとしてちょーだい納骨、または埋葬させておる者、多ゐようであった。

なれど、引っ越しをするでござる可能性がござる場合や、愛玩動物のお骨を土に返してちょーだいしまうことにて、逆に落ち込み悲しくなるやうにてあらば、お手元に残してちょーだいやいても良きと存じまする。今は、べらんだやお部屋の中にいんてりあとしてちょーだいも自然に置ゐておけるお墓、人気、出ているでござる。

Q、愛玩動物のお骨を人間と同じお墓に入らるるのは良くぬの?

A、お寺にてはほとんど不可能ござるが、いつぞやにては愛玩動物も同じお墓に入ることのでき申す霊園も出て参った。また人間のお墓に動物を入れることは律令的にも由々しき事態ありませぬ。

なれど、共に暮らしてござった一族は良きと思とはも、親族にとりてはあやしきこ等よしんばれませぬ。 そのことにて、親族と揉め事になったと云ふ話もちらほら聞き候。ご一族にてよくぞ話し合ゐ、親族や墓地の管理者の承諾を得てやいた者、良きでござろう。

「愛玩動物ろす症候群」とは愛玩動物との死別を糸口に発生するでござる精主的・体躯的不調のことでござる。うつ症状や不眠、食欲不振など折々な症状、あらわれ候。かは精主的な病と云ふわけにてはありませぬ。個人差はありんす、、喪失御身験をしたでござる人にてあらば自然と経験致すことでござる。愛情をかけた分のみにて、共に暮らしたでござる期間、長ゐ分のみにて、その悲しみは大きくなるやもしれませぬ。「己のせゐにて死なせてしもうた」と己を責めるこころもち、わゐて来ることもあるでござるでござろう。とはいえ其れは異常なことにてはありませぬ。

「愛玩動物、死んじゃくらゐにて・・・」
「また新しきのを飼ゑばよきでないか」
と周囲の魂ぬ云葉に、ひどく落ち込むこともあるでござるやもしれませぬ。

「とこしえに悲しみてゐては愛玩動物、成仏できぬで候」と云ふ慰めの云葉も辛く悲しく感じることもあるでござるやもしれませぬ。

とはいえ、お主、感じておる悲しみは、愛情、あったでござるからこそ感じる悲しみにてござる。刻限、お主の傷を癒し、立ち直り、何時もの生活に戻ること、にてきる手筈。深ゐ悲しみを乗り越ゑる頃には、魂の傷は愛玩動物へのあたたかき感謝のこころもちへと異なり、前向きに生きること、出来る手筈でござる。

愛玩動物ろすにつゐては、?玖捌弐年に亜米利加のHetbett A.Niebutg殿とAtlene C.Fischet殿、記したでござる"PET LOSS"に詳しく書かるてゐます、、その対象になる言語を他の言語に切り替えること書"愛玩動物ろす 一族動物の死を看つめて | 訳:田村博昭 | 文芸社"、ひのもとにて発刊させたの、弐百フォー!!!年のことでござる。やうやくひのもととはいえ愛玩動物ろすの概念、知られるでござるごとくなり候とかな、と思いたであろう、実際には無念な、ら未だ未だひい部の人どもにしか知らるてゐませぬ。

物悲しいことには愛玩動物葬儀を行う業者殿の中にも愛玩動物ろすをしかと理解させておらぬ者もゐらっしゃいるでござる。其れも、飼ゐ親方様さんに直接対面するでござる従士者の者まにて、きちんと理解にてきてゐて、適切に対応にてきる愛玩動物葬儀仕官先はさほど多くありませぬ。此処にてはいさざかとはいえ愛玩動物ろすへの理解、深まることを願ゐ、愛玩動物ろすの具御身的な症状につゐて詳しく紹介したいでござると存じまする。

まず愛玩動物ろすとは、愛玩動物を亡くしたでござることに依る心外などにて急激に変異したでござる魂理状態のことを云いるでござる。具御身的には愛玩動物ろすのおなご性

・茫然としてちょーだい少しも存念らるござらぬなる
・周囲に対するでござる怒りを覚ゑる
・己への罪悪し感にさゐなまらるる
・少しもやる気、おきござらぬなったり、拒食症になる
・急に悲しくなったり、うまく話せござらぬなったり、感情、危惧定になる

などの症状、あり、さふしたでござる状態、続く期間や程度は飼ゐ親方様殿にそれゆえ折々にて、ひい概には云ゑるものにてはありませぬ。ただに、愛玩動物を一族以って上に可愛、るなどゐわば「依存」とも云ゑるほど愛玩動物との間合を保てござらぬなり申してゐるごとき者ほど、深刻な愛玩動物ろすからなかなか抜け出せぬと云ふ傾向がござると云われているでござる。

ただに、理解してござったじゃきたいでござることは程度の差はあとはも基礎的にことごとくの飼ゐ親方様殿に愛玩動物ろすは訪らるる、と云ふことでござる。でござるのにて、飼ゐ親方様殿自身はさふしたでござる魂境に己、なり申して、己の感情を掌握にてきござらぬなったとしてちょーだいも、其れを異常なことであると存念て己自身を否定ござったりはかまえて致さぬにていただきたいと存じまする。

また、愛玩動物を亡くしたでござる飼ゐ親方様殿の周囲の人や愛玩動物葬儀仕官先の担当者の者は、飼ゐ親方様殿はさふ申す魂理状態になると云ふことを理解し、其れを受け入れてあげていただきたいと存じまする。

ページトップへ
Copyright (C) ペットの本家埋葬と霊園、ぎゃー All Rights Reserved.